お銀家 | イラスト・ゲーム中心話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 銀あるみ on  | 

るろうに剣心 観てきました

ちょっと前くらいになりますが観てきました。るろうに剣心。
実はちょっとした手違いで京都大火編を2回も見るはめになったけど。
あ、ちゃんと両方観てきましたよ。

以下ネタバレ含む感想。



総括としては目を引くアクションの凄さ、あちこちに見られたファンサービスと、個人的には満足でした。
ただやはりちょっと不満は残るわけで…以下箇条書き。

◆十本刀の扱い
刀狩りの張はいいとして(京都編の最初に出てくるし)、他の面子の扱いにちょっと不満が。
尺の都合上削らなければいけないのは仕方ないっちゃあ仕方ないけど、見せて欲しいところはちゃんと見せて欲しかった。
安慈VS左之助はともかく宇水VS斉藤はあっさり気味だったので何だか…さすがに真っ二つはヤバかったんでしょうな…。
個人的には鎌足VS薫&操が見たかった…せめて鎌を武器に使って欲しかったのもひとつ…。

◆志々雄
全体的に志々雄に関しては悪役ではあるけど、やはりカリスマ性とか和月先生のこだわりを如実に守っているんだなぁと。
とはいえ、あれだけの事されたのに生きてる方が不思議…まぁそこは架空の話って事で。
紅蓮腕はなかったけど彼の最期は誰にもやられたくなかったという和月先生の思いをちゃんと守ってくれたので満足です。

◆蒼紫
最初キャストが発表された時は不安だらけでしたが、いざ動いてるのを見れば不安も払拭されました。
原作では初登場は観柳に雇われた状態でしたが今回の映画でどう帳尻合わせるかも不安だったり。
若干無理やり感は否めないですが、最後まで抜刀斎ストーカーだったことも否めないです、ハイ。
とはいえ、共闘したのは熱かったけど、茶の湯の約束も入れ込んで欲しかったなと思った次第。
しかしこの蒼紫、酒が強そうである(原作では下戸)

◆比古さん
福山比古さんも正直不安だったけど、カッコ良かったので差し引きゼロとなりました。
ただちょっと師匠とのエピソードは尺を取り過ぎたかな?と、思ってます。
多少削ってもよかった気がしますが、やはり師匠と弟子の関係は強かった…。

◆その他
何度も言いますがホントにアクションシーンは気合入ってるのが伝わってくるし、原作ファンが見てちょっとニヤっとするシーンもあるので個人的には観て損はない映画だと思います。
あと大久保さんと伊藤さんの対比が面白かった。大久保卿序盤で死んじゃったけどな!(史実だし仕方ない)
そういう政治の裏のシーンなんかもひとつの見所だと思うのです。
若干不満はあれど全体的に通して満足な出来でした。

※個人の感想なのであまり真に受けない方がいいですよ。
スポンサーサイト
Category : 戯言
Posted by 銀あるみ on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。