お銀家 | イラスト・ゲーム中心話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 銀あるみ on  | 

台湾行ってきました

3連休を利用して友人と旦那と3人で台湾行ってきました。
飛行機で約2時間半の距離。日本からとても近い距離の国です(ただし飛行機で)

以下大体の顛末。私の頭でまとめきれるかどうかはさておき…

写真は用意出来たらUPします。


―初日―
初日は日本発つまではよかったが入国で手間取る。
何故かと言うとものすごい列…半分以上が中国人。
…とはいえ、日本人と中国人は一見判別つかないので喋ってる言語とパスポート見て判断するしかなかった。
機内食チキンと言ったはずなのに出たのはポークという私めの運の悪さといったら…。
それはいいとしても、ガイドさん曰くここ数年くらい中国人観光客が倍増してるとか何とか…。

空港から台北まで約1時間弱。滞在先のホテルに着いて部屋の広さに感動する3人。

田舎者ちゃうよ…多分。

それはさておき1日目のメインイベントでもあるナイト九份観光。
だが九份までの道のりがものすごかった…。
バスで移動だったのだが九份は思った以上に山道で対向車が来るとヒヤヒヤするくらい狭い。
だがバス運転手はそれを物ともせずに運転するから怖い。
とはいえ、昔鬼怒川温泉へ社員旅行行った時かなりの山道通ったからバスの運転手は恐れ入る。
そんなこんなで九份に到着したはいいのだが、私達を待ち構えていたのは傾斜のスゴい階段だった。
思った以上にこれがキツい。かなりキツい。
ちなみに九份は何が有名かというと、千と千尋に出た湯婆婆の屋敷のモデルがあるお茶屋さんがある事で有名なのです。
単にそれだけではなく、夜ともなるとなかなか趣のある風景が見れるということでしょうか。
それだけじゃなくて猫があちこちで見られる。耳をよく見ると小さくカットされてる。
多分避妊去勢した証でしょう。ちなみに犬にも施されてました。
ナイト九份もそこそこに夕飯を終え、夜市方面へ。
大体のガイドは夜市の食べ物はやめとけと止められます。特に屋台。
何故かと言うと、大体の食べ物は傷んでる事が多いとのこと。言うことを聞かない観光客が毎年たまに出るらしい。
中には食中毒起こして散々な目にあった人もいるとか…海外での食い物には気をつけましょう…。
…とはいえ、私も5年ほど前行った台湾でスイカだか何だかのジュース飲んだけどね…あの頃は胃が頑丈だった。
ちなみにホテル滞在中はN○Kばかり見てました。仕方ないね…。

―2日目―
2日目は台北市内観光。私はここでしてやられることになる…。
行った順番は忘れたけど一応覚えてる範囲で。
まず行った場所は行天宮という場所。ここは三国志で有名な関羽が祀られてる場所でもあります。
ちょうどその日は彼の誕生日らしく、人の行列がものすごくて写真どころではなかった。
それと露天に何故かうまい棒…あれもお供えするかと思うとじわじわ来る。
次に行った場所は中正紀念堂。蒋介石にちなんだ展示などがされてる場所です。
蒋介石に関しては申し訳ないがググってください。私の頭ではとても追いつきません。解説も出来ません。
あと蒋介石が持ち込んだ宝の数々は故宮博物院に展示されてますが、この話はひとまず置いといて…
お茶セミナー経由してマッサージ店へ。
足裏手首40分やってもらいましたが私がコミュ障なばかりにマッサージ師には苦労させてしまいました。ゴメンネ。
さらに胃腸が弱いことや運動不足などを指摘されて心にグサグサと…。
まぁそれはいいとして程なくして故宮博物院へと向かったわけですが、博物館と思えないくらい人が多い…。
どうも中国人観光客も集まってるようで、入場にも規制がかかったくらい。
正直言います…ゆっくり見れませんでした。何を見たのかと言うと、陶磁器をちょこっと見て書画をちょこっと見たくらい…。
故宮博物院は1日潰さないと見れないと言われるくらい広くて展示物もスゴいところなので、さらに人が多すぎてはゆっくりも見ていられませんでした…はい。
仕方なしに中にあった書店で物色。キレイな栞があったけど蝶と思ったらモチーフが蛾だったので思いとどまった。
途中、体調に異変が…その後の夕飯で気持ち悪くなる。
とはいえ、美味しい小籠包のため…頑張って胃に詰め込みました。はい。
鼎泰豊という店なんですがね…いつもここ人がたくさんで1~2時間待ちもザラなんですって。
ここの店は小籠包が美味しい。他の食べ物も美味しいのでオススメ。
日本にもあるけど本店がやっぱ美味しいです。名古屋だと高島屋の上にあります。
それはさておき、熱中症と思しき症状にかかった我はその後士林夜市でさらに地獄を見るはめに…。
そう…トイレである。さすがにトイレがアレだったのでホテルまで大我慢大会。
相方達はコンビニに行きたい言ってたので私は先にホテルに帰り何とかこの危機を切り抜けたのでした。
そうそう、台湾のトイレって殆どのところでは紙を流せないんですって。拭いたもの全部ゴミ箱デスヨ…。
ホテルだと大丈夫なケースもあるけど、やはり落ち着くのは日本のトイレです。これは断言出来る。

―最終日―
そんなこんなであっという間に最終日。集合まで時間あったのでホテルでウダウダするのももったいないということで台北駅へ。
結構広いしデカい。地べたに座ってる人もいた。あとベンチがない。
見るところと言っても私は相方達と違って鉄ヲタでもないのでアレなんですが、やはり日本人観光客は来るみたいで日本語喋れるスタッフはちゃんと健在でした。
行きも帰りもタクシーだったけど、ホテルの名刺を持ってなかったため帰り運転手になかなか伝わらない事案が発生。
そんなわけでホテルの名刺は必須です。大体ロビーに置いてると思います。
お昼は近くにあった鍋の店で。そこでも日本語わかる人に助けてもらいました。
ただボリュームがスゴい。春雨がものすごい。少しでいいですはい。
あとソフトドリンクは無料だったので紅茶飲んだらものすごく甘い。超油断してた。
それを抜きにしてもなかなか美味しかったです。値段は3人で食べた割にはわりと安い。

そんなこんなで楽しかった台湾旅行も空港に着いて終わりを告げ…ると思ったか?
帰りに待ち受けてたのは長蛇の列。ものすごい数の人。
出国ゲートも長蛇の列。迫る時間。超焦る。
お陰で免税店周りすら出来ずに駆け足で飛行機へ搭乗しました。
そして機内食は強制ビーフ。素晴らしく運がないな、君は(byドゥドゥ)
いや、ビーフも美味しかったんですけどね…牛丼みたいで。

…ってなわけで3日間という短い行程でしたが、なかなか濃い内容の旅行でした。

次回、日帰り舞鶴鎮守府!お楽しみに!(予定は未定)
スポンサーサイト
Category : 戯言
Posted by 銀あるみ on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。